まめざくら (豆桜) [Index] [Back]

Prunus incisa

Prunus incisa

Prunus incisa

Prunus incisa

Prunus incisa

Prunus incisa

Prunus incisa

わが国の本州、関東地方周辺に分布しています。日当たりの良い林縁に生え、高さは4メートルほどになります。葉はわが国の「さくら」の中では、最小です。葉は卵形で、欠刻状の重鋸歯があります。3月下旬から5月上旬ごろ、白色から淡紅色の花を咲かせます。別名で「ふじざくら(富士桜)」とも呼ばれます。
バラ科サクラ属の落葉低木で、学名は Prunus incisa。
英名は Fuji cherry。
Fuji cherry (Prunus incisa) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous tree that is native to around Kanto district of Honshu. This tree grows in sunny forest edges and can reach about 4 m in height. The leaves are most small in the Japanese cherry groups. They are ovate with indented duplicato-serratus edges. The white to pale rose pink flowers bloom from late March to early May.
[上・中1] 栃木県日光市「東大付属日光植物園」にて、
2010年06月26日撮影。
[中2〜5・下] 山梨県北杜市「編笠山」にて、2013年05月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp