マミラリア・ハーニアナ (玉翁)

Mammillaria hahniana

Mammillaria hahniana

Mammillaria hahniana

メキシコが原産です。高さ9センチ、直径10センチほどのボール型
で、白い毛に被われています。マミラリアとは、いぼ(疣)があるという
意味で、「いぼさぼてん」とも呼ばれます。早春に小さな濃いピンクの
花を咲かせます。園芸上は「たまおきな(玉翁)」と呼ばれます。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria
hahniana。英名は Old lady cactus。
Old lady cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
succulent perennial that is native to Mexico. This cactus is ball-shaped, 9
cm in height and 10 cm in diameter, covered with white hairs. The small
deep pink flowers come in early spring. The name Mammillaria comes from
the latin word mamma (mamilla), referring to the tubercules covering the
body.
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年12月07日撮影。
[下] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp