マミラリア・プルモサ (白星)

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

Mammillaria plumosa

メキシコの北部、ヌエボレオン州(Nuevo Leon)からコアウイラ州(Coahuila)に分布しています。乾燥した地域には生え、群生して低いマウンド状になります。茎は淡緑色の球形で、直径6〜7センチになります。中棘はなく、縁棘は白色の羽毛状で40個ほどがつきます。花は直径1.5センチほどの白色から黄白色です。園芸上は「白星(しらぼし)」と呼ばれます。 
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria plumosa。英名は Feather cactus。 
Feather cactus (Mammillaria plumosa) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen perennial herbacious plant that is distributed Nuevo Leon and Coahuila, north Mexico. This cacti grows in arid areas and form clumps or low mounds. Stems are globose, light green, 6-7 cm high and in diameter. Central spine is absent, radial spines are about 40, white and plumose. Flowers are 1.5 cm in diameter, white to pale whitish-yellow. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年11月29日撮影。
[中2] 同上にて、2003年12月13日撮影。
[中3] 兵庫県姫路市「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年09月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp