マミラリア・ポッツィー (大和姫)

Mammillaria pottsii

Mammillaria pottsii

アメリカの中南部、テキサス州からメキシコ北部に分布しています。
乾燥した地域に、群生して生えます。基部で分枝し、茎は青緑色の
円筒状で、高さは20センチ、直径は3センチほどになります。中棘は
ふつう7個あり、褐色から青黒色です。縁棘は白色で細く30〜45個
あります。花は直径1.5センチほどの赤褐色で、全開はしません。
果実は液果で赤く熟します。種小名は、採集者のジョン・ポッツ(John
Potts)に因みます。園芸上は「ヤマトヒメ(大和姫)」と呼ばれます。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria pottsii。
英名は Rattail cactus。
Rattail cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen
perennial herbacious plant that is distributed Texas and north Mexico. This
cactus occurs in arid areas and forms clump. It branches basally, stems are
cylindrical, blueish-green, 20 cm high and 3 cm in diameter. Central spines
are usually 7 and brown to bluish black. Radial spines are 30-45, white and
slender. Flowers are 1.5 cm in diameter, brownish red and not open widely.
Fruits are berries and ripen red. The specific epithet is named after John
Potts who collected cacti.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp