マミラリア・センペルウィウィ (景清)

Mammillaria sempervivi

Mammillaria sempervivi

メキシコの中部から北部に分布しています。高さ、幅ともに7〜8セン
チになります。花は白っぽく、花弁の真ん中にピンクの筋がありま
す。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria
sempervivi (var. caput-medusae)。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年03月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp