マミラリア・スピノシッシマ (猩々丸)

Mammillaria spinosissima

Mammillaria spinosissima

Mammillaria spinosissima

Mammillaria spinosissima

Mammillaria spinosissima cv. Pico

メキシコのモレロス州、ゲレロ州が原産です。円筒形で、高さは30セ
ンチ、直径10センチほどになります。赤銅色の棘がびっしりと生えて
います。秋に赤色の花を咲かせます。園芸上では「しょうじょうまる
(猩々丸)」、「しんしょうじょうまる「新猩々丸)」と呼ばれています。写
真中2・3は、「新猩々丸」。写真下は、園芸品種の「ピコ(cv. Pico)」。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria
spinosissima。英名はありません。
Mammillaria spinosissima belong to Cactaceae (the Cactus family). It is an
evergreen succulent perennial that is native to Morelos and Guerrero states,
Mexico. This cactus is columnar, and grows up to 30 cm in height, about
10 cm in diameter. It has numerous copper spines, and bloom red flowers
in fall. The bottom photo is a cultivar 'Pico'.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年04月02日撮影。
[中1] 静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、
2004年02月01日撮影。
[中2・中3] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。
[下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp