マミラリア・テキサーナ

Mammillaria prolifera ssp. texana

Mammillaria prolifera ssp. texana

Mammillaria prolifera ssp. texana

アメリカの中南部、テキサス州からメキシコの東北部にかけて分布し
ています。乾燥した地域に生え、大きな群落を形成します。茎は濃緑
色の球状で、高さは9センチ以上、直径は5〜7センチになります。
中棘は針状で5〜12個あり、白色に先端が褐色です。縁棘は細い
針状で25〜50個あり、白色から淡黄色です。腋には白色の剛毛が
生えます。花は直径1.5センチほどの淡いピンク色から淡黄色で
す。果実は円筒形の液果で赤く熟します。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria prolifera
ssp. texana。英名はありません。
Mammillaria prolifera ssp. texana belongs to Cactaceae (Cactus family). It
is an evergreen perennial herbacious plant that is distributed Texas and
northeast Mexico. This cactus occurs in arid areas and forms large cluster.
Stem is dark green globose and up to 9 cm tall, 5-7 cm in diameter. Central
spines are 5-12, needle like and white with brown tips. Radial spines are
25-50, slender needle like and white or pale yellow. White bristles are born
in axils. Flowers are 1.5 cm wide and pale pink to pale yellow. Fruits are
cylindrical berries and ripen red.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp