マミラリア・ウンキナータ (金剛石) [Index] [Back]

Mammillaria uncinata

Mammillaria uncinata

メキシコに分布しています。単独で生えたり、ときに群生します。茎は扁平な球形で、濃い青緑色、高さは6〜10センチ、直径は8〜10センチになります。花は黄色がかるか白色で、中脈は褐色を帯びます。園芸名は「金剛石(こんごうせき)」と呼ばれます。写真の花はピンク色なので、誤謬の可能性があります。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria uncinata。英名はありません。
Mammillaria uncinata belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to Mexico. This cactus grows solitary or occasionally clustering. The stems are flattened globose, dark blue-green, 6-10 cm in height and 8-10 cm in diameter. The flowers are yellowish or white, with brownish midveins.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp