まむしぐさ (蝮草)

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

Arisaema serratu

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国東北部に分布しています。平地から山地の林内や林縁に生え、高さは30〜100センチになります。偽茎の先端に鳥足状に分裂する2個の葉をつけます。小葉はかたちに変異が多く、7〜19個あります。4月から6月ごろ、緑色または褐紫色の仏炎苞に包まれた花を咲かせます。付属体は棒状あるいは棍棒状です。秋になると真っ赤な果実が熟します。名前は、偽茎の模様が「まむし(蝮)」のように見えることから。
サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、学名は Arisaema serratum。
英名はありません。
"Mamushi-gusa" (Arisaema serratum) belongs to the Araceae (the Arum family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and east-northern China. This herb grows in flatland to montane forests or forest edges, and can reach 30-100 cm in height. The leaves are pedatifid compound and arranged on the pseudostem. The leaflets are 7-19 pieces and highly variable in shape. The flowers bloom in the spadix covered withgreen or brown-purple spathe from April to June. The elongated appendix is stick-shaped or club-shaped. Th fruits ripen red in fall.
[上・中1〜3] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中4] 長野県松本市内田「牛伏寺」にて、2005年05月21日撮影。
[中5〜6・中10] 岐阜県高山市清見町夏厩「小鳥峠」にて、
2006年06月01日撮影。
[中7] 滋賀県大津市葛川中村町「白滝山」にて、
2005年10月26日撮影。
[中8] 岐阜県高山市荘川町野々俣にて、2004年10月30日撮影。
[中9] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中11〜中13] 千葉県香取市仁良にて、2012年05月19日撮影。
[中14・中15] 群馬県片品村東小川にて、2012年06月09日撮影。
[中16〜中18] 静岡県御殿場市印野「清宏園」にて、
2013年05月26日撮影。
[中19・中20] 福島県矢祭町大ぬかり「滝川渓谷」にて、
2013年09月08日撮影。
[中21] 福島県田村市滝根町「大滝根山」にて、
2013年09月28日撮影。
[中22・中23] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中24・下] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp