マミラリア・ワリエアキュレアタ [Index] [Back]

Mammillaria variaculeata

Mammillaria variaculeata

メキシコ南部、プレブラ州が原産です。標高1200〜1400メートルの熱帯の落葉樹林に生えます。群生するサボテンで、成長すると2叉分岐します。球形から円筒形の茎節は、緑色から濃緑色です。それらは高さ30センチになり、直径は9センチ以上になります。イボはピラミッド状です。葉腋は、長さ4〜8ミリ、10〜25個の白色の剛毛で満たされています。5個以上の中刺は、針状で淡褐色をしています。赤色の花は、長さと直径が4センチほどです。熟した果実は緋色です。 
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria variaculeata。英名はありません。 
Mammillaria variaculeata belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to southern Mexico, Puebla. This herb grows in tropical deciduous forests, 1,200-1,400 m above sea level. It is a clumping cactus forking dichotomously at maturity. The spherical to cylindrical stems are green to dark green. They are up to 30 cm high and can reach a diameter of up to 9 cm. The warts are pyramidally shaped. The axils are occupied by 10-25 white bristles, which have a length of 4-8 mm. The up to 5 middle spines, less in age, are needlelike and light brown. The red flowers measure 4 cm in length and diameter. The ripe fruits are scarlet. 
イギリス・リッモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp