マミラリア・ウォードシー (霧棲丸)

Mammillaria hahniana ssp. woodsii

Mammillaria hahniana ssp. woodsii

Mammillaria hahniana ssp. woodsii

Mammillaria hahniana ssp. woodsii

Mammillaria hahniana ssp. woodsii

メキシコ中部のグアノフアト州に分布しています。茎は扁平した球形から棍棒状で、陥没した頂部があり、高さ5センチ、直径8センチほどになります。結節は円錐形で疣は真っ白な綿毛に被われています。2〜4個の中棘と25〜30個の縁棘があります。花はピンク色で濃いピンク色の中縞があり、直径12〜15ミリ、春から夏に咲きます。
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria hahniana ssp. woodsii。英名は Old lady cactus。
Old lady cactus (Mammillaria hahniana ssp woodsii) belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen succulent perennial that is native to Guanajuato, central Mexico. The stems are flattened globose to club-shaped, with sunken apex, it can reach 5 cm in height and 8 cm in diameter. The tubercles are conical, and the axiles are filled by woolly white hairs. It has 2-4 central spines and 25-30 radial spines. The flowers are pink with darker pink midstripe, 12-15 mm in diameter, and bloom in spring and summer.
[上・中1] 兵庫県姫路市手柄「姫路市立手柄山温室植物園」にて、
2002年01月15日撮影。
[中2〜3・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

TABLE>