マンゴスチン

Garcinia mangostana

Garcinia mangostana

Garcinia mangostana

マレー半島からスンダ列島が原産といわれています。現在では東南
アジア諸国や中国、台湾で栽培されています。高さは10メートルほ
どになり、光沢のある厚い革質の葉は長楕円形で対生します。成長
が遅く、果実が稔るまでには8年から10年かかるそうです。雄花と両
性花があり、両性花は葉腋に咲いて淡い肉色をしています。果実は
やや平たい球形で赤紫色に熟します。白い果肉の部分には上品な
甘みがあり、果物の女王と称されます。
オトギリソウ科フクギ属の常緑高木で、学名は Garcinia mangostana。
英名は Mangosteen。
Mangosteen (Garcinia mangostana) belongs to Clusiaceae family. It is an
evergreen tall tree that is probably native to Malay Peninsula and Sunda. It
is cultivated nowadays in Southeast Asia, China and Taiwan. This tree can
reach about 10 m in height. The leaves are glossy, leathery, thick, oblong
and opposite. It grows slowly and can harvest fruits passing over 8-10
years after seedling. It bears male flowers and bisexual flowers. The latter
flowers are pale flesh color and appear on the axiles. The fruits are flattish
globose and ripen in magenta. The flesh of fruits are white and fine sweet.
They are called queen of fruits.
[上] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中] 中国・広東省東莞市にて、2009年07月26日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年01月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp