まんさく (満作)

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

Hamamelis japonica

わが国の固有種で、本州の関東地方西部以西の太平洋側から四
国・九州に分布しています。山地の斜面や尾根に生え、高さは2〜5
メートルになります。葉は菱状円形から広卵形で互生し、縁には波状
の粗い鋸歯があります。3月から4月ごろ、葉が展開する前に黄色い
花を咲かせます。花弁は4個。山で一番早く咲くことから「まず咲く」
が訛ったという説と、「豊年満作」からきたという説とがあります。
マンサク科マンサク属の落葉小高木で、学名は Hamamelis japonica。
英名は Japanese witchhazel。
Japanese witchhazel belongs to Hamamelidaceae (Witch hazel family). It is
a deciduous semi-tall tree that is endemic species of Japan and distributed
from Pacific Ocean Side of west Kanto district of Honshu to Shikoku,
Kyushu. This tree occurs in the slopes and ridges of mountains and can
reach 2-5 m in height. The leaves are lozenged-round to broad ovate,
alternate with wavy rough toothed edges. Yellow four-petaled flowers
come in March to April before foliation.
[上・中1・中7] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月01日撮影。
[中2] アメリカ・ニューヨーク市
「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年03月19日撮影。
[中4・下] 長野県塩尻市片丘「長野県林業総合センター」にて、
2006年04月03日撮影。
[中5] 奈良県上北山村「大台ヶ原・大蛇ぐら」にて、
2005年08月02日撮影。
[中6] 奈良県上北山村「大台ヶ原」にて、2005年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp