マンデビラ・サンデリー

Mandevilla sanderi cv. Rosea

Mandevilla sanderi cv. Rosea

ブラジルの南東部が原産です。蔓性で長さは2〜3メートルになりま
す。葉は卵形で、光沢のある濃緑色をしています。夏にローズピンク
の漏斗形の花を咲かせます。花冠は5裂し、咽は黄色です。写真は
園芸品種の「ロセア(cv. Rosea)」。
キョウチクトウ科マンデビラ属の常緑蔓性木本で、学名は Mandevilla
sanderi。英名は Brazilian jasmine。
オーストラリア・シドニー市グレンヘヴンにて、
2005年12月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp