マンフレダ・バリエガタ [Index] [Back]

Manfreda variegata

Manfreda variegata

アメリカ・テキサス州からメキシコ東部に分布しています。岩の多い斜面やオークの疎林、森林に生え、高さは50〜100センチになります。葉は線状披針形で直立または弓なりになり、多肉質でしばしば褐色や緑色の斑紋があります。2月から6月ごろ、総状花序に黄緑色または褐色がかった、漏斗状鐘形の花を咲かせます。
リュウゼツラン科マンフレダ属の多年草で、学名は Manfreda variegata。英名は Mottled tuberose。
Mottled tuberose (Manfreda variegata) belongs to the family Agavaceae (the Agave family). It is a perennial herb that is native to Texas and eastern Mexico. This herb grows on rocky slopes, open or dense oak woods, and it can reach 50-100 cm in height. The leaves are linear-lanceolate, erect-arching, succulent, sometimes spotted with elongate brown or green markings. The yellowish green or brownish, funnelform-campanulate flowers bloom in the racemes from Feburuary to June.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp