まるばおもだか (丸葉面高)

Caldesia parnassifolia

Caldesia parnassifolia

Caldesia parnassifolia

Caldesia parnassifolia

Caldesia parnassifolia

わが国の本州から四国、九州それに中国やインド、オーストラリアに
分布しています。池や沼に生え、葉は円形または腎臓形で根生しま
す。はじめは水面に浮かんでいますが、その後直立します。8月から
9月ごろ、花茎を伸ばして、円錐花序に白い3弁花を咲かせます。
オモダカ科マルバオモダカ属の多年草で、学名は Caldesia
parnassifolia。英名はありません。
'Maruba-omodaka' (Caldesia parnassifolia) belongs to Alismataceae
(Water-plantain family). It is a perennial herb that is distributed from
Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, China and Australia. This herb
occurs in ponds or bogs. The leaves are round to reniform and basal. They
are on the float at first, though they rise up erect. The panicles are borne on
the flower stalks and bloom white 3-petaled flowers from August to
September.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月07日撮影。
[中2] 同上にて、2006年08月19日撮影。
[中3] 同上にて、2006年07月22日撮影。
[下] 同上にて、2007年05月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp