マジョラム

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

Origanum majorana

地中海から中央アジアにかけてが原産です。古代ギリシャやローマではよく知られ、ひろく使用された薬草でした。初夏に長い茎の先にこぶがつき、それに薄紅色の小さな花がたくさん咲きます。とてもポピュラーなハーブで、ソーセージや肉料理、煮込み料理などにも使われています。「スイートマジョラム」とも呼ばれます。 
シソ科ハナハッカ属の多年草で、学名は Origanum majorana。
英名は Sweet marjoram。 
Sweet marjoram belongs (Origanum majorana) to the Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from coastal areas of the Mediterranean Sea and Central Asia. This herb was a well known herb that was used for herbal medicine in Ancient Greece and the days of the Romans. It is borne tubercles at the tip of long stems and bloom pale pink flowers in early summer. This is a popular herb that is used for sausage, meat dish and boiling food. 
[上・中1〜2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中3] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中4] 千葉県香取市大角にて、2016年04月21日撮影。
[中5〜6・下] 同上にて、2016年05月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp