マランタ・ケルコウェアナ (紋様蕉)

Maranta leuconeura var. kerchoveana

Maranta leuconeura var. kerchoveana

Maranta leuconeura var. kerchoveana

Maranta leuconeura var. kerchoveana

Maranta leuconeura var. kerchoveana

Maranta leuconeura var. kerchoveana

ブラジルが原産です。観葉植物として栽培されますが、高さ20センチくらいにしかなりません。葉は広楕円形で、白緑色の地に暗緑色の斑紋が入ります。夏に、花茎を伸ばして、白い花を総状に咲かせます。和名では「もんようしょう(紋様蕉)」と呼ばれます。 
クズウコン科マランタ属の常緑多年草で、学名は Maranta leuconeura var. kerchoveana。英名は Prayer plant、Rabbit's foot、Rabbit's tracks。 
Prayer plant (Maranta leuconeura var. kerchoveana) belongs to the Marantaceae. It is an evergreen perennial herb that is native to Brazil. This herb is cultivated as an ornamental foliage plant and it grows up about 20 cm in height. The leaves are broad elliptic and mottled dark green on a whitish green ground. It bears flowering stalks and the white flowers bloom in the racemes in summer. 
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中3〜4・下] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2014年03月02日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp