マルタゴンリリー

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

Lilium martagon

ヨーロッパの中部・南部からシベリアに分布しています。日当たりのよい林内や潅木帯に生え、高さは1メートルほどになります。線形の葉は基部で輪生し、上部では対生します。6月から7月ごろ、紫黒色の斑点のある赤紫色の花を咲かせます。香りはあまりよくないようです。 
ユリ科ユリ属の多年草で、学名は Lilium martagon。
英名は Martagon lily、Turks cap lily。 
Martagon lily (Lilium martagon) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native from central-southern Europe to Siberia. This herb grows in sunny woods or scrubs and can reach about 1 m in height. The leaves are linear, whorled at the base and opposite at the upper stem. The magenta flowers with purplish-black mottles come in June to July. The scent of this flower is not so good. 
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」
にて、2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中4] 同上にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] スイス・ベルン州マイリンゲン「ハスリベルク高原」にて、
2002年07月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・下] イギリス・スコットランド・ロックカーロン「アタデールガーデン」にて、2016年06月02日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp