マロニエ (西洋栃の木)

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum

Aesculus hippocastanum cv. Baumannii

バルカン半島からトルコが原産です。高さは20〜25メートルほどになり、ヨーロッパでは街路樹や公園樹としてよく植栽されています。葉は掌状複葉で、小葉は「とちのき」よりも小型です。4月から5月ごろ、枝先に円錐花序をだし、赤みがかった白い花を咲かせます。果実は堅い刮ハで3裂し、棘状の突起があります。別名で「せいようとちのき」とも呼ばれます。
トチノキ科トチノキ属の落葉高木で、学名は Aesculus hippocastanum。英名は Horse chestnut。
Horse chestnut (Aesculus hippocastanum) belongs to the Hippocastanaceae (the Horse-chestnut family). It is a tall deciduous tree that is native from the Balkans to Turk. This tree can reach 20-25 m in height, and it is often planted as a street tree or a palk tree. The leaves are palmately compound with smaller leaflets than the Japanese horse chestnut. The panicles are borne on the terminal branches, and produce reddish tinged white flowers from April to June. The fruits are hard capsules with spiny projections and divided into three segments.
[上] クロアチア・スプリトにて、2012年05月01日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中1・中2] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2009年09月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4〜中8] トルコ・イスタンブール「トプカプ宮殿」にて、
2014年09月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9〜中10] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年06月03日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中11] 同上にて、2015年06月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中12〜中16] 宮城県仙台市「東北大学川内キャンパス」にて、
2016年05月14日撮影。
[下] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年06月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp