まるはち (丸八)

Cyathea mertensiana

Cyathea mertensiana

Cyathea mertensiana

Cyathea mertensiana

Cyathea mertensiana

わが国の小笠原諸島に分布しています。林内や草地に生え、直立し
て高さは10メートルほどになります。根茎の先に葉を叢生し、茎の周
りは多くの気根で被われます。名前は、葉痕が丸に八の字を逆さに
したように見えることから。
ヘゴ科ヘゴ属の常緑性シダ類で、学名は Cyathea mertensiana。
英名はありません。
'Maruhachi' (Cyathea mertensiana) belongs to Cyatheaceae (Tree-fern
family). It is an evergreen tree fern that is native to Ogasawara Islands of
Japan. This fern occurs in forests and fields can reach about 10 m in height.
Rhizomes are errect and sprout many aerial roots. Fronds are radiating on
the top of rhizomes. Japanese name 'Maruhachi' is named for the leaf scar.
It looks like '○' (maru) + Kanji character '八' (hachi).
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2004年01月10日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2006年12月21日撮影。
[下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp