まさき (柾)

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

Euonymus japonicus

わが国の北海道南部から本州、四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。海岸近くの林内や林縁に生え、高さは2〜6メートルになります。葉は楕円形で、ふつう対生します。6月から7月ごろ、葉腋から集散花序をだし、黄緑色から緑白色の花を咲かせます。秋には小さな果実をつけ、熟すと裂けて赤橙色の種子をのぞかせます。塩害にも強いため、庭木として広く利用されています。 
ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木で、学名は Euonymus japonicus。
英名は Japanese spindle tree。 
Japanese spindle tree (Euonymus japonicus) belongs to the Celastraceae (the Bittersweet family). It is a small evergreen tree that is distributed from southern Hokkaido to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in coastal forests or woodland edges and can reach 2-6 m in height. The leaves are elliptic and usually opposite. The cymes are borne in the axils and bloom yellowish-green to greenish-white flowers from June to July. The fruits ripen in fall, splitting open and come out reddish-orange seeds when mature. This tree has tolerance of salt damage and widely planted in gardens. 
[上・中1] 茨城県神栖市太田にて、2008年07月08日撮影。
[中2] 岐阜県恵那市中野方町にて、2007年06月07日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年06月22日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2006年06月25日撮影。
[中6] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2003年11月14日撮影。
[中7〜8・下] 福島県会津若松市「鶴ヶ城公園」にて、
2016年07月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp