まるばしもつけ (丸葉下野) [Index] [Back]

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

Spiraea betulifolia

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに千島列島やサハリン、カムチャッカ、東シベリアに分布しています。山地から高山の日当たりの良い岩礫地などに生え、高さは30〜100センチになります。葉は倒卵形から広卵形で互生し、縁には欠刻状の鋸歯があります。6月から7月ごろ、複散房花序をだし、白色の花をいっぱい咲かせます。
バラ科シモツケ属の落葉低木で、学名は Spiraea betulifolia。
英名はありません。
"Maruba-shimotsuke" (Spiraea betulifolia) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciuous tree that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido od Japan, as well as the Kuril Islands, Sakhalin, the Kamchatka Peninsula and eastern Siberia. This tree grows on sunny rocky slopes from mountain to alpine zone and can reach 30-100 cm in height. The leaves are obovate to broad ovate and alternate with indented toothed edges. The compound corymbs are borne and the numerous white flowers bloom from June to July.
[上・中1〜2] 山形県西山町月山沢「月山」にて、
2005年07月09日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中3] 北海道足寄町「雌阿寒岳」にて、2011年07月31日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中4] 北海道清里町「斜里岳」にて、2011年08月01日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中5・中6] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中7〜中9] 福島市土湯温泉町「浄土平湿原」にて、
2013年07月20日撮影。
[中10〜中14] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年07月05日撮影。
[中15・中16] 栃木県那須町「茶臼岳」にて、2014年08月14日撮影。
[中19・中20] 同上にて、2015年07月11日撮影。
[中17・中18] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中21・下] 栃木県那須町「朝日岳」にて、2015年07月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp