マスデバリア・シュローデリアナ [Index] [Back]

Masdevallia schroederiana

Masdevallia schroederiana

中央アメリカのコスタリカに分布しています。標高1900メートルほどの冷涼な林内に生えます。葉は厚く、倒披針形です。花茎を伸ばして、1花を咲かせます。萼片は椀形で暗紫色、尾状に伸びた部分は黄色です。
ラン科マスデバリア属の常緑多年草で、学名は Masdevallia schroederiana。英名はありません。
Masdevallia schroederiana belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to Costa Rica. This orchid occurs in high and cool forests about 1900 m elevation. The leaves are thick and oblanceolate. It blooms solitary flower on the stalks. The sepals are saucer-shaped, dark purple with yellow caudals.
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp