まるばすみれ (丸葉菫) [Index] [Back]

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

Viola keiskei

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国、シベリアに分布しています。落葉樹林の林内や斜面に生え、高さは5〜10センチになります。葉は卵形で、基部は心形です。ふつう葉や花柄には、粗い毛が生えます。4月から5月ごろ、白色の花を咲かせます。距が太くて長いのが特徴です。別名で「けまるばすみれ(毛丸葉菫)」とも呼ばれます。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola keiskei。
英名はありません。
"Maruba-sumire" (Viola keiskei) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is native to Hanshu, Shikoku and Kyusyu of Japan, the Korean Peninsula, China and Siberia. This herb grows in deciduous forests and slopes, and can reach 5-10 cm in height. The leaves are ovate with cordate bases. The leaves and peduncles are usually covered with rough hairs. The white flowers bloom from April to May. It is devided that the spurs are thick and long.
[上・中1〜3] 群馬県六合(くに)村生須にて、2009年04月25日撮影。
[中4〜中6] 茨城県つくば市「筑波山」にて、2011年05月05日撮影。
[中7〜11・下] 福島県古殿町「鎌倉岳」にて、
2014年04月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp