まるばちしゃのき (丸葉苣の木)

Ehretia dicksonii

Ehretia dicksonii

Ehretia dicksonii

Ehretia dicksonii

Ehretia dicksonii

わが国の本州、千葉県南部以西から四国・九州、それに台湾や中
国に分布しています。沿岸の山地の林縁などに生え、高さは7〜9メ
ートルになります。樹皮は灰白色で、縦に深い割れ目が入ります。葉
は広楕円形で互生し、先端は急に尖ります。3月から7月ごろ、枝先
に散房花序をだし、小さな白色の花をいっぱい咲かせます。果実は
球形から扁球形の核果で、果肉はほのかに甘く食べることができま
す。
ムラサキ科チシャノキ属の落葉小高木で、学名は Ehretia dicksonii。
英名はありません。
"Maruba-chisha-no-ki" (Ehretia dicksonii) belongs to the Boraginaceae
(the Borage family). It is a semi-tall deciduous tree that is distributed
westward from southern Chiba prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu
of Japan, Taiwan and China. This tree grows in forest edges of coastal
mountains, and can reach 7-9 m in height. The barks are gray-white and
deep furrowed longitudially. The leaves are broad elliptic with steep acute
tips, and arranged in alternate. The corymbs are borne on the terminal
branches, and the small white flowers bloom in profusion from March to
July. The fruits are globose to flat-globose, and drupes, and the fleshes of
fruits are sweetish and edible.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中2〜3・下] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp