マテレア・レティクラータ [Index] [Back]

Matelea reticulata

Matelea reticulata

Matelea reticulata

アメリカのテキサス州に分布しています。荒れ地や道端などに生え、フェンスや低木の茂みをよじ登ります。茎や葉は、やわらかな開出毛に被われています。葉は心形で、2.5〜5センチの葉柄がつきます。5月から7月ごろ、緑色の花を咲かせます。その平らな表面には、網目模様があります。果実は袋果で、種子は風によって運ばれます。
ガガイモ科マテレア属の多年草で、学名は Matelea reticulata。
英名は Netted milkweed, Green milkweed vine。
Netted milkweed (Matelea reticulata) belongs to Asclepiadaceae (Milkweed family). It is a perennial vine that is native to Texas. This vine occurs in waste lands or road sides, and climbs fences and brush. Its stems and leaves are covered with soft spreading hairs. The leaves are heart-shaped with 2.5-5 cm long petioles. The green flowers appear in April through July. They have reticulate veins pattern on the flat surfaces. The fruits are follicles and the seeds are carried on the wind.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2007年11月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp