まつぶさ (松房)

Schisandra nigra

Schisandra nigra

Schisandra nigra

Schisandra nigra

Schisandra nigra

Schisandra nigra

Schisandra nigra

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。丘陵や山地の
林縁などに生え、他の樹木などに絡みついて伸びます。古い蔓は表
面にコルク質が発達します。葉は広卵形で波状の鋸歯があり、枝先
にまとまってつきます。雌雄異株で、6月から7月ごろ、短枝の先から
黄白色の花を下垂して咲かせます。果実は球形の液果で、房状につ
き、10月ごろに青黒色に熟します。伊那地方では「ごむし」とも呼ば
れ、箕輪町では1997年から「まつぶさワイン」が作り始められ、町
の特産品となっています。名前は、枝や葉に「まつ」に似た芳香があ
ることから。
マツブサ科マツブサ属の落葉木本で、学名は Schisandra nigra(syn. S.
repanda )。英名はありません。
'Matsu-busa' (Schisandra nigra) belongs to Schisandraceae family. It is a
deciduous woody vine that is native to trough Japan and Korean Peninsula.
This vine occurs in montane outskirts of forest and climbs up adjacent
shrubs and trees. The aged vine is suberose. The leaves are broad ovate
with wavy edges and clustered at the terminal branches. It is dioecious. The
yellowish white flowers are borne on the terminal branchlets and drooping in
June to July. The fruits are racemose round berries, ripen bluish black in
October. The wine is made from these fruits.
[上] 長野県岡谷市湊にて、2007年07月05日撮影。
(photo by Takao Ito)
[中1] 同上にて、2007年07月06日撮影。(photo by Takao Ito)
[中2] 同上にて、2007年07月25日撮影。(photo by Takao Ito)
[中3・中5・下] 長野県伊那市手良沢にて、2007年07月19日撮影。
(photo by Takao Ito)
[中4] 長野県箕輪町にて、2006年10月撮影。(photo by Takao Itoh)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp