まつばらん (松葉蘭)

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

Psilotum nudum

わが国の本州、宮城県以西から四国・九州、南西諸島それに中国南部に分布しています。ふつうは樹木の幹に着生し、高さは10〜40センチになります。根も葉もなく、根茎と地上茎だけです。地上茎は多数分枝して、箒のようなかたちになります。茎の上部に、黄色い胞子嚢をつけます。
マツバラン科マツバラン属の常緑シダ類で、学名は Psilotum nudum。英名は Whisk fern。
Whisk fern (Psilotum nudum) belongs to the Psilotaceae family. It is an evergreen fern that is distributed westward from Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu, the Ryukyu Islands and southern China. This fern is an epiphyte that usually grows on the tree trunks and can reach 10-40 cm in height. Whisk fern has the rhizomes and the epigeal stems, though the roots and the leaves is absent. The epigeal stems are much-branched and broom-like. The yellow spore spikes are borne at the upper stems.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2005年12月27日撮影。
[中2] 同上にて、2004年01月10日撮影。
[中3・中4] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中5・中6] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。
[中7・下] 福島県いわき市「いわき市フラワーパーク」にて、
2014年03月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp