まつばとうだい (松葉灯台) [Index] [Back]

Euphorbia cyparissias

Euphorbia cyparissias

Euphorbia cyparissias

Euphorbia cyparissias

Euphorbia cyparissias

Euphorbia cyparissias

ヨーロッパが原産です。乾燥した荒れ地や斜面の岩場に生え、高さは30センチ以上になります。葉は広線形で濃緑色、全縁です。4月から8月ごろ、枝先に散形状の花序をだし、黄色い花を咲かせます。花は黄色く、苞葉は緑色から黄色で腎形、花の周りをカップ状に包みます。
トウダイグサ科トウダイグサ属の多年草で、学名は Euphorbia cyparissias。英名は Cypress spurge。
The Cypress spurge (Euphorbia cyparissias) belongs to Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows in arid wastelands or stony slopes and can reach up to 30 cm in height. The leaves are broad linear, dark green and entire. The umbellar clusters are borne on the terminal branches and the yellow flowers bloom from April to August. The flowers are yellow and the bracts are green to yellow, reniform and cupped around the flowers.
[上・中1〜3] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ
高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] スペイン・バレンシア県プソルにて、2012年03月25日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[下] スイス・ベルン州グリデンワルトにて、2013年06月25日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp