まつよいぐさ (待宵草) [Index] [Back]

Oenothera stricta

Oenothera stricta

Oenothera stricta

Oenothera stricta

Oenothera stricta

Oenothera stricta

南アメリカのチリやアルゼンチンが原産です。わが国へは、江戸時代の終わりに渡来し、観賞用として栽培されていました。現在では、各地の海岸や河岸などに野生化しています。茎は直立し、高さは30〜100センチになります。葉は線状披針形で主脈は白く、互生します。5月から8月ごろ、葉腋から直径3〜5センチの黄色い花を咲かせます。花は夕方から開き、朝になると凋みます。凋むと赤くなるのが特徴です。
アカバナ科マツヨイグサ属の二年草で、学名は Oenothera stricta。
英名は Chilean evening primrose。
Chilean evening primrose belongs to Onagraceae (Evening primrose family). It is a biennial herb that is native to South America, from Chile to Argentina. It was introduced into Japan as an ornamental plant in late Edo Era (about 150 years ago). Nowadays, it is naturalized in so many places, and grows on seashores or streambanks. The stem is erect and can reach 30-100 cm in height. The leaves are linear-lanceolate and alternate with whitish midribs. The yellow flowers 3-5 cm across come on the axiles from May to August. The flowers are open from evening to dawn and turn in reddish when faded.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市土合西にて、2008年05月09日撮影。
[中3] 茨城県神栖市柳川にて、2007年07月12日撮影。
[中4・下] 茨城県神栖市日川にて、2008年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp