マウランディア・エルベスケンス

Maurandia erubescens

Maurandia erubescens

Maurandia erubescens

Maurandia erubescens

Maurandia erubescens

メキシコが原産です。蔓性で長さは2〜3メートルになります。葉は卵
形から三角状で、縁には鋸歯があります。葉や萼片は、腺毛に被わ
れます。夏から秋にかけて、「ジキタリス」に似たピンク色の花を咲か
せます。温暖な地域以外では、冬に枯死してしまいます。
ゴマノハグサ科マウランディア属の多年草で、学名は Maurandia
erubescens。(syn. Lophospermum erubescens、Asarina erubescens)
英名は Creeping gloxinia, Maurandia erubescens。
Creeping gloxinia (Maurandia erubescens) belongs to Scrophulariaceae
(Figwort family). It is a perennial herb that is native to Mexico. This is a
vine and can reach 2-3 m long. The leaves are ovate to deltoid with
toothed edges. The leaves and calyx lobes are covered with glandular
hairs. The pink flowers are like a foxglove and appear from summer to fall.
It dies back in winter except in the warm temperate areas.
[上・中1〜2・下] 愛知県安城市「デンパーク」にて、
2007年11月02日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2001年10月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp