まつばうんらん (松葉海蘭)

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

Linaria canadensis

北アメリカが原産です。帰化植物で、近畿地方以西に多いといわれていますが、各地に広がりつつあるようです。名前は、花が「うんらん(海蘭)」似ていて、葉のかたちが松葉を思わせることから。高さは20〜60センチくらいになります。5月から6月ごろ、総状花序に青紫色の花を咲かせます。最初見つけたときは「リナリア・マロッカナ」が野生化したものと思っていました。
ゴマノハグサ科ウンラン属の一年草で、学名は Linaria canadensis。
英名は Blue toadflax。
Blue toadflax (Linaria canadensis) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is an annual herb that is native to North America. This herb is naturalized in Japan, extremely westward from Kinki district. It grows on roadsides, fields or arable lands and can reach 20-60 cm in height. The leaves are pine needle-like. The racemes are borne and bloom blue-purple flowers from May to June.
[上] 千葉県香取市阿玉川にて、2009年04月20日撮影。
[中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中2] 同上にて、2004年05月15日撮影。
[中3] 岐阜県中津川市千旦林にて、2005年04月30日撮影。
[中4・中5] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月02日撮影。
[中6〜8・下] 茨城県神栖市高浜にて、2012年05月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp