まるばうつぎ (丸葉空木)

Deutzia scabra

Deutzia scabra

Deutzia scabra

わが国の固有種で、本州の関東地方以西から四国・九州に分布して
います。山野に生え、高さは2メートルほどになります。葉は楕円形
から卵形で対生し、縁には浅い鋸歯があります。4月から5月ごろ、
枝先に円錐花序をだし、白色の花を咲かせます。このあとに咲く「う
つぎ」とともに、「うのはな(卯の花)」と呼ばれます。
アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、学名は Deutzia scabra。
英名は Fuzzy deutzia。
Fuzzy deutzia belongs to Hydrangeaceae (Hydrangea family). It is a
deciduous small tree that is an endemic species of Japan and distributed
westward from Kanto district of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree
occurs in mountains or fields and can reach about 2 m in height. The leaves
are elliptic to ovate, alternate with shallow toothed edges. The panicles are
borne at the terminal branchlets and bloom white flowers from April to
May.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中・下] 同上にて、2004年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp