マキシラリア・ポルフィロステレ [Index] [Back]

Maxillaria porphyrostele

Maxillaria porphyrostele

Maxillaria porphyrostele

ブラジルが原産です。樹木などに着生し、高さは10〜20センチになります。球茎はやや扁平な球状卵形で、線形の葉を1個つけます。冬から春にかけて、花茎を伸ばして、淡い黄緑色の花を咲かせます。花の直径は3センチほどで、萼片が前方に湾曲します。
ラン科マキシラリア属の常緑多年草で、学名は Maxillaria porphyrostele。英名はありません。
Maxillaria porphyrostele belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to Brazil. This herb is an epiphyte on the trees and can reach 10-20 cm in height. The corm is round-ovate and comes into one linear leaf. Pale greenish yellow flowers come on the stalks from winter to spring. The flower is 3 cm in diameter, and the sepals are inflected forward.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp