まるばやなぎ (丸葉柳)

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

Salix chaenomeloides

わが国の本州、山形・宮城県以南から四国・九州、それに朝鮮半島
や中国中南部に分布しています。河川や沼沢地など湿ったところに
生え、高さは10〜20メートルになります。葉は広楕円形から長楕円
形で、裏面は粉白色をしています。雌雄異株で、4月から5月ごろ、
花序をだして黄緑色の花を咲かせます。若葉は赤みを帯び、そのた
め別名で「あかめやなぎ(赤芽柳)」とも呼ばれます。
ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木で、学名は Salix chaenomeloides。
英名は Japanese pussy willow。
Japanese pussy willow (Salix chaenomeloides) belongs to the Salicaceae
(the Willow family). It is a tall deciduous tree that is distributed southward
from Yamagata-Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku, Kyushu of
Japan, also the Korean Peninsula and central-southern China. This tree
grows in dry riverbeds or marshes, and can reach 10-20 m in height. The
leaves are broad elliptic to oblong, and the abaxial sides are powdery
white. It is a dioecious. It bears flowering clusters and bloom yellowish
green flowers from April to May. The young leaves are tinged reddish.
[上・中1] 大阪府四条畷市逢阪「清滝峠」にて、
2004年04月03日撮影。
[中2] 同上にて、2002年05月26日撮影。
[中3・中4] 大阪府枚方市磯島「淀川河岸」にて、
2006年07月19日撮影。
[中5〜6・下] 栃木県足利市「迫間自然観察公園」にて、
2010年05月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp