マニラやし (マニラ椰子)

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

Veitchia merrillii

フィリピン諸島が原産です。幹は単幹で細く、平滑で高さは5メートルほどになります。葉は羽状複葉で長さは1.5メートルほど、幹の上部につきます。花序は長く、小さな灰緑色の花が咲きます。果実は楕円形の核果で、冬に鮮やかな赤色に熟します。
ヤシ科ビーチア属の常緑中高木で、学名は Veitchia merrillii。
英名は Manila palm、Adonidia palm。
Manila palm (Veitchia merrillii) belongs to the family Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to the Philippines. The stem is single, slender, smooth and can reach about 5 m in height. The leaves are pinnate, about 1.5 m long and borne at the upper stem. The long inflorescences are borne and bloom small grayish-green flowers. The fruits are elliptic drupes and ripen bright red in winter.
[上] シンガポール・クロニーロード「シンガポール植物園」にて、
2000年08月31日撮影。
[中1〜中3] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。
[中4] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。
[中9・下] 同上にて、2013年09月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp