メドーセージ

Salvia guaranitica

Salvia guaranitica

Salvia guaranitica

ブラジルおよびパラグアイ、アルゼンチン北部が原産です。「サルビ
ア」の仲間で、高さは1.5メートルほどになります。夏から秋にかけ
て、茎の先端に穂状花序をつけ、濃い青紫色の花を咲かせます。黒
い萼片が印象的です。暖地では路地で越冬できます。園芸上は「メド
ーセージ」という名前で流通しています。
シソ科アキギリ属の常緑小低木で、学名は Salvia guaranitica。
英名は Blue anise sage, Brazilian sage。
Blue anise sage belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an evergreen
shrub that is antive to Brazil, Paraguay and northern Argentine. This shrub
can reach about 1.5 m in height. The spikes are borne on the stem ends and
bloom dark bluish-perple flowers from summer to fall. The calyces are
black and striking. It can pass winter in open fields in temperate areas.
[上] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中・下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp