メディニラ・マグニフィカ

Medinilla magnifica

Medinilla magnifica

Medinilla magnifica

フィリピン諸島が原産です。熱帯雨林に生え、高さは3メートルほどに
なります。葉は広卵形で対生し、葉柄はありません。夏に、枝先から
花序を下垂させ、コーラルピンクの花を咲かせます。花序の上に、紫
がかったピンク色の苞があるのが特徴です。和名では「おおばのや
どりのぼたん(大葉の宿り野牡丹)」と呼ばれます。
ノボタン科メディニラ属の常緑小低木で、学名は Medinilla magnifica。
英名は Showy medinilla, Chandelier tree。
Medinilla magnifica belongs to Melastomataceae (Melastome family). It is
an evergreen shrub that is native to the Philippine Islands. This shrub occurs
in rainforests and can reach about 3 m in height. The leaves are broad
ovate, opposite and sessile. The pendant inflorescences are borne at the
terminal branches and bloom coral-pink flowers in summer. They have the
characteristics of the purplish pink bracts above the inflorescences.
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年02月23日撮影。
[中] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2002年06月16日撮影。
[下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp