めどはぎ (目処萩・蓍萩)

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

Lespedeza juncea var. subsessilis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東アジアに広く分布しています。荒れ地や原野に生え、高さは60〜100センチになります。葉は3出複葉で互生します。葉の裏には伏毛が生えています。8月から10月ごろ、葉腋に小さな白い蝶形花を咲かせます。旗弁には紫色の斑点があります。名前は、筮萩(めどぎはぎ)の略で、占いにつかう筮竹(ぜいちく・めどぎ)の代用に使ったことから。
マメ科ハギ属の多年草で、学名は Lespedeza juncea var. subsessilis。
英名はありません。
"Medo-hagi" (Lespedeza juncea var. subsessilis) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is distributed to all over Japan, as well as widely the Korean Peninsula, China and East Asia. This herb grows in waste grounds or moors, and can reach 60-100 cm in height. The leaves are trifoliate with appressed hairs on the rear surfaces, and arranged in alternate. The small, white, papilionacenous flowers bloom on the axils from August to October. The flag petals have purple mottles.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。
[中2] 千葉県銚子市「桜井町公園」にて、2009年09月24日撮影。
[中3・中4] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年09日05日撮影。
[中5・下] 福島県昭和村下中津川にて、2012年08月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp