メディニラ・スペキオサ

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

Medinilla speciosa

インドネシアのジャワ島が原産です。高温多湿と半日陰の環境を好み、高さは1メートルほどになります。熱帯アジアでは、かなり一般的に栽培されています。マグニフィカ種(Medinilla magnifica)とよく似ていますが、花序の上にピンク色の苞がありません。
ノボタン科メディニラ属の常緑小低木で、学名は Medinilla speciosa。
英名は Showy melastome。
Showy melastome belongs to the Melastmataceae (the Melastome family). It is an evergreen shrub that is native to Java Island of Indonesia. This shrub thrives in high-temperature and humidity, semi-shade and can reach about 1 m in height. It is cultivated fairly commonly in the tropical Asia. It looks like Medinilla magnifica, though it has not pink bracts above the inflorescences.
[上] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中2・中3] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。
[中6] 同上にて、2003年02月20日撮影。
[中4・中5] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市
「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp