めひしば (雌日芝)

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

Digitaria ciliaris

わが国の各地をはじめ、世界の熱帯から亜熱帯地方に広く分布して
います。畑や道端にふつうに生え、高さは50センチほどになります。
葉は柔らかく、全体に白毛が目立ちます。7月から11月ごろ、3〜8
個に分かれた黄緑色の花穂をつけます。「オヒシバ」に比べて、踏み
つけの少ないところに繁茂します。
イネ科メヒシバ属の一年草で、学名は Digitaria ciliaris。
英名は Southern crabgrass。
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月24日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中] 岡山県柵原町塩気にて、2004年08月25日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2004年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp