メリケンかるかや(メリケン刈萱)

Andropogon virginicus

Andropogon virginicus

Andropogon virginicus

Andropogon virginicus

Andropogon virginicus

北アメリカが原産です。わが国でも第二次大戦後、都市部を中心に広がり、とくに近畿地方以西でよく見られる帰化植物です。名前は「かるかや(刈萱)」に似ていることから。日当たりのよい、やや乾燥した荒れ地に生え、高さは50〜120センチになります。9月から11月ごろ、上部の葉腋から花序を出します。花序の枝には、白色の長い毛が密生します。
イネ科ウシクサ属の多年草で、学名は Andropogon virginicus。
英名は Broomsedge bluestem。
Broomsedge bluestem belongs to Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to North America. It was naturalized after the Second World War in Japan, and can be found generally westward from Kinki district. This grass grows in sunny aridish barrens and can reach 50-120 cm in height. The flowering clusters are borne on the axile from September to November. The branches of cluster are covered with long white hairs.
[上・中1] 茨城県高萩市「土岳」にて、2012年11月10日撮影。
[中2・中3] 大阪府高槻市原「摂津峡」にて、2007年09月19日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp