メロカクツス・マクラカントス [Index] [Back]

Melocactus macracanthos

旧オランダ領アンティルのキュラソー島やボネール島が原産です。明るい緑色の茎があり、サイズは高さ25センチ、直径は30センチになります。11〜15個の肋があります。棘は黄色がかったものから褐色です。4個の不均一な中棘は強く。長さは7センチほどになります。8〜17個の縁棘は3〜4.5センチの長さです。花はローズ色で直径は0.7〜1.2センチです。明るい赤色の果実は、ふつうこん棒状と呼ばれ、長さ1.5〜2センチです。 
サボテン科マクラカントス属の球状サボテンで、学名は Melocactus macracanthos (syn. Melocactus laui)。英名はありません。 
Melocactus macracanthos belongs to the Cactaceae (Cactus family). It is an evergreen barrel cactus that is native to former Netherland Antilles, the Curacao Island and the Bonaire Island. This cactus has bright green stems and grows up to a size of up to 25 cm in height and a diameter of up to 30 cm. It has from 11-15 ribs. The thorns are yellowish to brown. The four unequal central spines are strong and up to 7 cm long. The 8-17 radial spines are 3-4.5 cm long. The flowers are rose and have a diameter of 0.7-1.2 cm. The bright red fruit, generally speaking in the form of a club, is 1.5-2 cm long. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp