メラレウカ・チミフォリア [Index] [Back]

Melaleuca thymifolia

Melaleuca thymifolia

Melaleuca thymifolia

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に分布しています。海岸に近い荒野や低木地、湿った場所などに生え、高さは1〜2メートルになります。葉は狭楕円形で対生し、先端は尖ります。夏にピンク色から濃いふじ色の花を咲かせます。雄しべは40〜60個が束になっています。果実は刮ハで、直径3〜5ミリの樽形です。
フトモモ科カユプテ属の常緑小低木で、学名は Melaleuca thymifolia。英名は Thyme honey-myrtle。
Thyme honey-myrtle (Melaleuca thymifolia) belongs to Myrtaceae (the Myrtle family). It is an evergreen shrub that is native to eastern Australia; Queens and New South Wales. This shrub grows in coastal heath, scrublands and damp places, and can reach 1-2 m in height. The leaves are narrow-elliptic, opposite with acute apex. The flowers are pink to deep mauve and bloom in summer. The stamens are 40–60 per bundle. The fruits are capsules and barrel-shaped, 3-5 mm across.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp