メキシコまんねんぐさ (メキシコ万年草)

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

Sedum mexicanum

メキシコの名前がついていますが、原産地は不明です。高さは20セ
ンチほどで、茎は直立し細い葉が密につきます。5月ごろ、小さな黄
色い花をいっぱいに咲かせます。わが国では一部で野生化していま
す。最近では、屋上庭園やグランドカバーにも使われています。
ベンケイソウ科マンネングサ属の常緑多年草で、学名は Sedum
mexicanum。英名は Mexican stonecrop。
Mexican stonecrop belongs to Crassulaceae (Orpine family). It is an
evergreen perennial herb that is unspecified the country of origin though its
name includes 'Mexican'. This herb can reach about 20 cm in height. The
stem is erect and sends out linear leaves. The many small yellow flowers
come in May. This herb is naturalized locally in Japan. It is used for ground
cover and roof garden plant.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月28日撮影。
[中3・中4] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp