メンジーシア・フェルギネア [Index] [Back]

Menziesia ferruginea

Menziesia ferruginea

Menziesia ferruginea

Menziesia ferruginea

Menziesia ferruginea

北アメリカの北西部、アラスカ州から太平洋北西岸に沿ってワイオミング州まで分布しています。低地から高地までのかなり日陰の湿った森に生え、高さは3メートルほどになります。枝はか細く、赤褐色をしていて、やや軟毛があります。葉は濃緑色の倒卵形から楕円形で互生し、葉縁は全縁か細かい鋸歯があります。5月から7月ごろ、数花のつく花序に、黄色から橙桃色の壺形の花を咲かせます。
ツツジ科ヨウラクツツジ属の落葉低木で、学名は Menziesia ferruginea。英名は False azalea、Fool's huckleberry。
False azalea (Menziesia ferruginea) belongs to the family Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is native to northwestern North America from Alaska through the Pacific Northwest to Wyoming. This tree grows in deeply shaded, moist woods at low to high elevations, and it can reach about 3 m in height. The twigs are slender, reddish brown and somewhat pubescent. The leaves are dark green, obovate to elliptic, and alternate with a finely serrate or entire margin. The yellow to orange-pink, urn-shaped flowers bloom in few-flowered clusters from May to July.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp