メキシコらくうしょう (メキシコ落羽松)

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

Taxodium mucronatum

アメリカの中南部、テキサス州南部のリオグランデ渓谷(Rio Grande
valley)からメキシコ、グアテマラに分布しています。河岸や湿地など
に生え、高さは15〜30メートルになります。幹は直立し、枝が伸び
て広い樹冠を形成します。小枝は下垂し、針形の葉が2列につきま
す。「ヌマスギ」に似ていますが、秋に落葉しないのが特徴です。果実
は直径15〜25ミリの丸い球果です。メキシコの国の木(National
tree)に指定されています。英名は、メキシコのアステカ時代の王、モ
クテスマ(Montezuma)に因みます。
スギ科ヌマスギ属の常緑高木または半常緑高木で、学名は
Taxodium mucronatum。英名は Montezuma bald cypress, Mexican
cypress。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年11月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp