めたからこう (雌宝香)

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

Ligularia stenocephala

わが国の本州から四国・九州、それに台湾や中国に分布していま
す。山地に生え、高さは60〜100センチになります。葉は三角状心
形です。6月から9月ごろ、花茎を伸ばして、長い総状花序に黄色い
頭花を咲かせます。総苞は短い筒形で、舌状花はふつう1〜3個あ
ります。名前は、「おたからこう」に比べて優しく見えることから。
キク科メタカラコウ属の多年草で、学名は Ligularia stenocephala。
英名はありません。
'Me-takarako' (Ligularia stenocephala) beongs to Asteracear (Aster
family). It is a perennial herb that is distributed to Honshu, Shikoku and
Kyushu of Japan, Taiwan and China. This herb occurs in mountains and
can reach 60-100 cm in height. The leaves are deltoid-cordate. The long
racemes are borne on the upper stems and bloom yellow flower-heads
from June to September. The flower-head has a short columnar bract and
1-3 ray flowers.
[上・中3〜4] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年07月27日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2005年07月25日撮影。
[中5・中6] 山形県南陽市小滝にて、2008年07月12日撮影。
[中7〜8・下] 群馬県東吾妻町厚田にて、2008年07月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp