メキシカンバックアイ [Index] [Back]

Ungnadia speciosa

Ungnadia speciosa

Ungnadia speciosa

アメリカのテキサス州からニューメキシコ州、それにメキシコに分布しています。一属一種です。河岸や崖の表面に生え、高さは1.2〜9メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、卵形の小葉が3〜7個つきます。小葉は濃緑色で鋸歯があります。早春に、小さな芳香のある、淡いピンク色から紫がかったピンク色の花を咲かせます。種子は黒い球形で、有毒です。
ムクロジ科ウングナディア属の落葉小高木で、学名は Ungnadia speciosa。英名は Mexican buckeye。
Mexican buckeye belongs to the Sapindaceae (the Soapberry family). It is the only species in the genus Ungnadia. It is a semi-tall decidous tree that is native to Texas, New Mexico and northern Mexico. This tree grows along stream banks, in cliff faces and can reach 1.2-9 m in height. The leaves are odd-pinnate compond with 3-7 ovate leaflets. The leaflets are dark green with toothed edges. The small, fragrant, light pink to purplish pink flowers come in early spring. The seed are round black and poisonous.
[上・中] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、
2007年04月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp